釣りテクニック
スポンサー
猪名川町・川西市・能勢町 地域密着物件お任せください!秋山土地建物

尼エサ取材隊

尼エサ取材隊 徹底解剖 Part1 エビ撒き釣り仕掛け 2008年2月バージョン 西宮店 店長 久保力也 の場合


竿:鱗海スペシャル1.5号
リール:BB-X テクニウム TYPE I 2500D
道糸:RAIGLON PIRANIA ちぬ 2号
ハリス:トヨフロン スーパーL EX 1.2〜1.5号 2ヒロ
ウキ止:OWNER がっちりウキ止 スプールタイプ
スイベル:Fuji SiC スーパーラインスイベル
サルカン:Wクレン 18号
針:OWNER 手研ちぬ 1号


寒さが厳しく、アタリが大きく出ない時期なので、繊細な釣り方が要求されます。
今年は、いつも釣れている鳴尾テトラが釣れていなくて、いつものパターンが通用しません。色々試行錯誤しながら毎回釣行しています。

例として、4cmぐらいの大きさのシラサエビをサシエに使います。(例年は大きい粒ばかりよって使っていました)
ハリスは、1.2号〜1.7号までを使い分けています。2ヒロ。
誘い方は、ウキを小さく誘ったり、シモリにシモらしたりします。シモらせながら釣る場合は、ハリスは常にキズが無いか確認して下さい。

アタリらしいアタリが出なくても、誘いを掛けた時に、竿先に「コッン」とアタリが伝わってくるときがあります。その時に竿をあおって合わせます。
(久保)