釣りテクニック
釣り場情報
スポンサー
猪名川町・川西市・能勢町 地域密着物件お任せください!秋山土地建物

ホーム > 釣りテクニック > タチウオの釣り方

釣りテクニック

タチウオの釣り方

ファミリーフイッシングの中でも比較的簡単に釣れるタチウオ。近場で、家族と釣りに出かけられて、ご馳走にありつけると言う、美味しい釣りです。立って泳いでいることから「タチウオ」と名づけられたという説や、刀を連想させる魚体の輝きから「太刀魚」と呼ばれるようになったという説もありますが、本当のところは、判りませんので、子供さんには、どちらも教えた方がいいかと?
釣れた瞬間の太刀魚は実に綺麗で「きらきら」と、輝き。輝きの要素である「グアニン」はマニキュアや、真珠の材料にもなるというから驚きです。(海外に輸出されていると聞いた事があります。)性質は極めてどう猛。そのイカツイ顔を一目見ればすぐに判断できることでしょう。主食はイワシやアジ等の小魚でファイターですルアーでも釣れます。(メタルジグ・ダイブミノー・・などで)
釣期は7月〜1月。夕闇せまる時間帯を狙って釣り場へと出かけます。シーズン初めに釣れるものは、俗に言うベルトサイズ(小型)。9月頃にいったん小休止となった後、10月の冷え込みと同時に再び群れが接岸してきます。初冬にかけては、波止からでも肉厚の大型(70〜100cm級)が釣れるので楽しみです。

波止場から釣る

波止から狙うのが一般的。釣り方は「電気ウキ釣り」と「ひき釣り」がありますが、初心者でも釣りやすい「電気ウキ釣り」を説明します。

タックル(道具)の確認
3.0〜4.5m前後の磯竿(2号〜4号) 磯竿を選ぶ場合、竿の長さは4.5m程度。太さは2〜4号のものが良いでしょう。10m〜30mほどウキ付き仕掛を投げて釣るので、硬めの竿がベストと言えます。シーバスロッドでもオーケー。最近はタチウオ専用竿といったものまで発売されています。タチウオは半夜釣りのため、できれば糸絡みの少ないインターラインロッドがおすすめです。(少し高価ですが)

中型・大型スピニングリール
4〜6号糸が100〜150mほど巻けるもの。

仕掛け・小物類

ウキ止め糸
タチウオの電気ウキ釣りでも遊動式仕掛けを使用します。ウキ止めはゴムタイプ・摩擦力の強い糸タイプのものがあります。タナがズレてくるので釣行ごとに取り替えた方がよいでしょう。

シモリ玉・シモリウキ
遊動ウキを、ウキ止め糸部分に停止させるために使います。この釣りではサイズのあったものを選んで下さい。(リールに巻いている糸によってシモリ玉の大きさが違ってくるので。 )

電気ウキ
タチウオ狙いでは、チヌやメバル釣りで使う電気ウキと違い、大型のウキを使います。サイズは2号〜5号と大きいですが、遠投したい方は号数の大きい方がいいとおもいます。最近は捧ウキタイプのもを使う方が増えてきました、竿の細いタイプでウキにアタリが出やすいのと、釣れた時の太刀魚とのやり取りがスリリングだからです。
それに、魚に違和感を与えないようにと、人と違う事で自分のウキが見えやすくなるからです。0.8〜3号程度の棒ウキタイプ(2点発光〜5点発光)と、尼エサでは、販売しています。

クッションゴム付きオモリ
釣り場の状況と、ウキの負荷にあわせ、0.8〜5号を使用します。ウキの表示負荷と、いっしょでのオモリではキビナゴをつけた時に、ウキが沈んでしまいますので、ウキの負荷より軽い(−0.5位がいいと思います)オモリを選んで下さい。またクッションゴムは、タチウオの強烈な引きから衝撃を吸収してくれますので、尼エサのオリジナル太刀魚仕掛けはクッションゴム付きオモリSETしています。

からまん棒
スナップサルカンの上、ウキの長さより長く取り、ゴムカンでからまん棒を固定します。カラマン捧を付けると針近くの仕掛けが絡まらないでトラブル防止です。

市販のタチウオ仕掛け
アタリがあってもなかなか針に乗ってくれないタチウオ釣り。最近では水平に針が2本ついたタイプと、垂直に針が2本ついたタイプがよく売れていますが、どれがいいかは判りません。
ハリスは、ノコギリのような歯を見てもお分かりの通り、通常のナイロンでは噛み切られてしまいます(ワイヤーの40番〜49番が主流)。49番だと食い込みはいいのですが、太刀魚の強い引きにワイヤーが「キンク」(ワイヤーが、ガタガタになる事)して、しまうので注意が必要です。食い込みを重視し、どうしてもナイロンハリスを使う場合は、チモトにビニールパイプ等を被せているようです。なお、仕掛けのスペアは多め(5〜6セット)に持って行かれた方がいいと思います。

ケミホタル
光るものに近づいてくるタチウオの習性を利用して釣る。タチウオ専用のケミホタルサイズは50mm、75mm、100mmなどの種類があります。大きいものほど発光力が強いです。ケミホタルも色々なメーカーがあります。最近は、2色タイプのものや、発光力、優れているタイプもあります。

玉アミ(タモ)
海面まで高さのある堤防などから竿を出す場合を考え、5m前後のものを持参。堤防上まで一気にゴボウ抜きされる方もおられますが、クネクネと暴れ、針外れするケースも考えられます。また、1メータークラスは、思った以上に重たいです。竿がへし折れる事もあります。

ヘッドライト
半夜で狙うタチウオ釣りには必携のアイテム。蛍光灯が、周りも明るくて数人でも使えるので便利です。予備の電池を忘れずに。集魚灯などを使う釣り人もいます。

キビナゴ
タチウオ釣りで使うキビナゴは冷凍物が多いですが、尼エサでは、生のキビナゴを販売しています。(防腐剤を入れていません。)風にあたるとカラカラに乾燥してしまうので、使う分だけクーラーから取り出すようにして下さい。数回使えば、身がボロボロになってきますので新しいものと取り替えること。
アタリが無い時は、エサのキビナゴがチャント付いているか確認をして下さい。釣果に大きな差がでます。こまめに、何回も確認を!

その他
クーラー・タオル・ハサミ・プライヤー・軍手・寒ければカイロ・温かい飲み物・防寒具・(バンドエイド・消毒液等)釣り場が駐車場と離れている時はキャリー・なども必要です。鋭い歯にはご用心(カミソリぐらい鋭い)
タチウオが釣れた時は、ハリス(ワイヤー)ごと交換するようにして、くれぐれも口の付近には手指などを近づけないようにして下さい。
カミソリのように鋭いです。針をどうしてもはずしたい時は、プライヤーかペンチで、はずす事をお勧めします。普段はこの鋭い歯で小魚を半殺しにしてから、捕食するのです。危険です。

自宅での仕掛け準備

1. 竿にリールをセットし、ガイドに道糸を通します。
リールのベイル部分をおこし、ガイドへ道糸をくぐらせていきます。

2. ウキ止め糸を道糸にセットします。
タナ(ウキ下)がずれないよう、ウキ止めのコブ(結び目)はしっかりと締め込んでおくこと。なお、釣り場の状況にもよりますがタナ(ウキ止めコブの位置)は針先から2〜3ヒロに設定しておきましょう。

3. シモリ玉(シモリウキ)を道糸にセットします。
ウキ止め糸へのストッパー的役割となるシモリ玉をセットします。

4. スナップサルカンを道糸にセットします。
電気ウキの管部分に取り付けるスナップサルカンをセットします。タ チウオ釣りで使うウキはここで取り付けておいて も構いません。

5. ゴムカンとからまん棒を道糸にセットします。
2個のゴムカンを通し、双方よりからまん棒を挟みます。

6. クッションゴム付きオモリを道糸に結びます。
道糸に0.8〜5号のクッションゴム付きオモリを結びます。クッションゴムのハリス側にはスナップサルカンが付いていることを確認しておいて下さい。(タチウオ仕掛けがワンタッチで取り付けられるので)

ここまでのセットが完了したら、からまん棒をオモリのすぐ上まで移動させ、穂先に近い位置までスナップサルカン部分を巻き上げておきます。穂先カバーを取り付けたらオーケー。竿折らないように気をつけて 尼エサへ、えさを買いにGOGO!!

釣り場での竿出し準備(あせらないでゆっくりと)

1. 竿を伸ばす。
リールのベイルをおこし、道糸を送り出しながら穂先から竿を伸ばしていきましょう。ガイド部分は一直線上に。

2. 電気ウキをセット。
オモリの号数に適合したウキを選択し、スナップサルカンへ取り付けます。(自宅で取り付けておいても構いません)

3. クッションゴム付きオモリに専用仕掛けを連結。
オモリにスナップサルカンが付いていればワンタッチで取り付け可能。

4. ウキ止め糸を移動。
ポイント情報などから、すでにタナ(ウキ下)が分かっている場合には、自宅で移動させておいた方がよいでしょう。

5. からまん棒を移動。
クッションゴムからウキの長さ分程度上にずらします。

6. ケミホタルを道糸にセットします。
ケミホタルを、クッションオモリの上部にセットします。「太刀魚」は、ハリスをセットした後でも取り付けられる「ワンタッチホルダー」が付いているので便利です。ちなみに、ケミホタルは「ポキッ」と折らないと光りませんよ!